交際クラブ/デートクラブは東京最大[銀座クリスタル倶楽部]

銀座NO.1倶楽部

癒しの提供

彼女と過ごす時間は、「癒される」、「心が休まる」とおっしゃる男性は多いものです。
それこそが恋愛の本質なのかもしれません。
そして、そのような女性との出会いを求めて、Very Important Personといわれる男性が高級交際クラブにご入会下さいます。

日々、仕事に追われるVery Important Personである男性は、女性よりも労働時間が長い場合が多く、心も身体も非常にお疲れです。
つまり、交際クラブで出逢った女性と一緒にいて「心が休まる」、「癒される」と感じるということは、二人の相性がぴったりとあっている証拠なのです。

そして、男性の好みの女性のタイプはさまざまですが、どのタイプの男性からもモテる女性というのは、癒しを提供できる女性ということですね。
では、どのようなことをすれば、男性は癒されるのでしょうか。
①気遣いができる女性
高級交際クラブで好かれる女性は、女性らしく謙虚で気遣いのできる女性です。
多忙でなかなか会えなくても、メールなどで「お仕事がんばってね。」などと女性から心温まるメッセージをもらうだけでも、癒され、明日への活力になるそうです。
そしてデートの際も、相手を労わり、穏やかな時間を一緒に過ごせるような女性は華やかなタイプでなくても結果的に長いお付き合いにつながります。
反対に、ワガママ放題で自分勝手な行動や言動をする女性から癒されるということはまずないでしょう。
ただ、時には、そのような女性に振り回されるのが嫌いではない男性もいます。
「たまに、そういう女性と会うのもいいかも」「一時の楽しみ」としては、男性も楽しめるかもしれませんが、結局2、3回会う中で男性から見切られ、長期的なお付き合いに発展することはまずないでしょう。
結局は、気遣いができ、相手の立場になって行動できる、謙虚でしおらしい女性の元へ帰っていくのです。

②女性らしい格好
男性会員様は、1人で仕事をしていることも多く、会社に属していたとしても、職場に男性しかいないということも少なくはありません。
女性がいたとしても、スーツやオフィスカジュアルで仕事をしている女性ばかりなので、「女性の私服」を見る機会は意外にも少ないものです。
そんな中で久しぶりに会う「特別な彼女」が、女性らしい格好をしてきてくれると、それだけで癒されるようですね。
自分のために、精一杯のお洒落をしてきてくれたというのが、とても嬉しく思うようです。
あきらかに手抜きのファッションで来られてしまうと、「大事にされてないのではないか」「他にも男がいるのかも」などと変に勘ぐってしまうのが男心ですので、デートのときには、精一杯のお洒落をしていくように心がけるといいですね。
また、相手の男性の洋服の好みを聞くのも一つだと思います。
当然、カジュアルな格好を好む男性もいれば、ドレッシーな格好を好む男性もいます。
男性は、好きな人を自分色に染めたいと思うものなので、洋服の好みを聞いて、その通りにデートへ向かうと、心がくすぐったくなり、癒されるようです。

意中の男性への「癒しの提供」はとてもシンプルで簡単なことです。
相手の立場に立ち、よく考え、行動することで、男性は癒され、それが結果的に長期的なお付き合いに発展します。
Very Important Personな男性とお付き合いが続かない、すぐに別れを切り出される、という女性は、自分本位な考えで相手を傷つけていませんか。
Very Important Personな男性はお金も名誉もありますが、その前に1人の人間です。
普通に傷つきますし、悲しむことだってあるのです。
自分がされて不快に感じることはせず、愛おしく大切にされる存在になれるよう努力を惜しまないでくださいね。

ほどよい気遣いで居心地よい交際クラブライフを

よりよいお付き合い、すなわち、お二人にとって居心地の良いお付き合いをするためには、どのような点を意識すると良いのでしょうか。

まず、居心地のよいお付き合いに欠かせないものは何か、ということから考えてみましょう。
そのポイントの一つとしては、必要以上に気を遣いすぎないことです。
交際クラブでめぐり合うお二人の多くは、一周りも二周りも年が上の男性と、社会に出て間もないようなお若い女性となることでしょう。
ですから、このような発言をしたら嫌われてしまうかも・・・ですとか、押したり引いたりの駆け引きというような、いわゆる同年代の一般的な恋愛に必要な気遣いをする必要はありません。
ですが、やはり交際クラブで出会うお二人特有の、必要以上に頑張りすぎてしまう気遣いというものがございます。
女性側に多いこととしては、男性がVIPな方であるが故に、大人っぽく振る舞おうと頑張りすぎてしまうことです。例えば、自分のキャパシティ以上に上品にとりつくろってしまったり、男性に見合うようにと、ゴージャスで華美すぎるファッションをしたり、背伸びして高級ブランド品で身を固めてみたりということです。
ちなみに、高級交際クラブに入会しているVIPな男性が、普段仕事の延長線上でお付き合いをする女性というのは、子供の頃からマナーやお作法を教え込まれたような女性です。また、 お洒落に関しても、おそらく高級品に身を包んでいることでしょう。
ですから、貴女がその場限りで男性に合わせていることは、もちろん男性は察しています。
つまり男性は、普段礼儀やマナーが整っている女性と接しているため、交際クラブでの出会いには、パーフェクトな女性像を求めていません。
むしろ、社交界慣れしていない、純粋でピュアな女性を求めています。
もちろんお相手の男性のご身分を意識してあわせようとすることは、とても素敵な気遣いです。でも、頑張りすぎて貴女らしさを失わないように、肩の力を抜いてくださいね。

また、男性側に多いこととしては、女性が自分よりも大分若いことを意識しすぎてしまい、過剰に謙虚になりすぎてしまうことです。
例えば、「僕なんかと付き合ってくれてありがとうね」ですとか、ダイレクトに「僕の年齢を気にしない?見た目は大丈夫かな?」などの発言をしてしまうことは、あまりよくないでしょう。一見謙虚で女性に気遣いをしている言葉のようにも聞こえますが、女性からしてみると、この男性は自信がないのかな・・・と思えてしまい、マイナスの印象を与えてしまうのです。
ありがとうと直接お伝えすることも、もちろん気遣いや思いやりの一つですので、ぜひ伝えてほしいのですが、もし女性に付き合ってくれる事への感謝をお伝えしたいのであれば、「一緒に居てくれてありがとう」、見た目などを確認したいのであれば、「どうやったらもっと若く見えるかな?」など、ポジティブにちょっと冗談交じりに聞いてみることをおすすめいたします。

お二人がより長く、幸せなお付き合いをしていくために、もちろん気遣いは必要不可欠です。
ですが、頑張りすぎてしまったり、自分を下げるような間違った気遣いをしないよう意識をしてみてくださいね。

マナーという名の愛情

交際クラブで出逢った男性との愛を育む中で、気をつけていただきたいマナーが多くございます。
初対面での挨拶や男性との接し方、食事のお作法、TPOをわきまえたファッション、言葉遣いなど、さまざまなポイントがあります。

そもそも、マナーとはなぜ存在して、それを守らなければならないかを考えたことはありますか?
自分が思うままに行動して、思うがままのことを話していたほうが、楽ですし、きっと自分自身も楽しいことでしょう。
ではなぜ、ありのままの感情にしたがって行動することが、よくないことととられているのでしょうか。

マナーというものの存在意義を少し考えてみたいと思います。
まず、マナーとは、世の中の行儀お作法のことであり、貴女や貴女以外の誰かがが気持ちよく生活するための立ち居振る舞いのことです。といいましても、 守らないと罰を受ける訳でもありませんし、生活に支障をきたすことでもないのです。マナーを守らないと周囲から、白い目を向けられることはあっても、自分が身の危険にさらされることは、ほぼ無いといっても良いでしょう。
また、一概にマナーといっても、そのシチュエーションやお相手によっても求められる行いは変わってきます。日本以外の国ですとその国の慣わしがありますし、和食と洋食でも食事のマナーが異なります。他にも、公の場で必要となるマナーや、ビジネスマナー、祭事など、TPOに応じて対応していく必要があるのです。

これらのマナーは、そのシーンにおけるお作法であると同時に、知らないと笑われたり恥ずかしいとされる「常識」と考えられることが多いのです。
つまり、守らなくても害はないけれど、世の中では守って当たり前の決まり事というようなイメージなものが、マナーなのです。
ちなみに英語の「manner」を直訳すると、行儀や作法、もしくは、風習や習慣というのが一般的です。テーブルマナーやビジネスマナーの「マナー」の多くはこれに当たります。

交際クラブで意識すべきマナーも、テーブルマナーや行儀お作法の部分でしょう。
男性とのデート時や、日常生活の中で意識すべき要の部分でもあります。
マナーの存在意義というのはつまり、自分と周りの人が心地よく生活するための、「心遣い」、「気遣い」なのです。
ですから、貴女が男性とのデートの時に意識しているマナーは、立派な心遣いやお気遣いなのです。
ただし、高級交際倶楽部に入会している男性に、うわべだけでの心遣いやお気遣いをしても、見透かされてしまうことでしょう。
クラブに入会している男性は、「ある程度のマナーがきちんとできる女性がいいな」とお話されています。
その言葉を噛み砕いてみると、「心遣いができる女性がいい」つまり「自分のことを想ってくれる女性と出会いたいな」という意味なのです。

最初はマナーなど、堅苦しくて嫌なもののイメージがあったかもしれませんが、相手を想うことが立派なマナーということに気づいていただけましたでしょうか。

男性は貴女の想いを受けた分だけ、愛情を返してくれます。
それはきっと貴女の想像以上のかたちで返ってくることでしょう。

マナーという名の愛情を、たくさん男性に注いであげて下さいね。

カテゴリー: マナー