交際クラブ/デートクラブは東京最大[銀座クリスタル倶楽部]

銀座NO.1倶楽部

マナーという名の愛情

交際クラブで出逢った男性との愛を育む中で、気をつけていただきたいマナーが多くございます。
初対面での挨拶や男性との接し方、食事のお作法、TPOをわきまえたファッション、言葉遣いなど、さまざまなポイントがあります。

そもそも、マナーとはなぜ存在して、それを守らなければならないかを考えたことはありますか?
自分が思うままに行動して、思うがままのことを話していたほうが、楽ですし、きっと自分自身も楽しいことでしょう。
ではなぜ、ありのままの感情にしたがって行動することが、よくないことととられているのでしょうか。

マナーというものの存在意義を少し考えてみたいと思います。
まず、マナーとは、世の中の行儀お作法のことであり、貴女や貴女以外の誰かがが気持ちよく生活するための立ち居振る舞いのことです。といいましても、 守らないと罰を受ける訳でもありませんし、生活に支障をきたすことでもないのです。マナーを守らないと周囲から、白い目を向けられることはあっても、自分が身の危険にさらされることは、ほぼ無いといっても良いでしょう。
また、一概にマナーといっても、そのシチュエーションやお相手によっても求められる行いは変わってきます。日本以外の国ですとその国の慣わしがありますし、和食と洋食でも食事のマナーが異なります。他にも、公の場で必要となるマナーや、ビジネスマナー、祭事など、TPOに応じて対応していく必要があるのです。

これらのマナーは、そのシーンにおけるお作法であると同時に、知らないと笑われたり恥ずかしいとされる「常識」と考えられることが多いのです。
つまり、守らなくても害はないけれど、世の中では守って当たり前の決まり事というようなイメージなものが、マナーなのです。
ちなみに英語の「manner」を直訳すると、行儀や作法、もしくは、風習や習慣というのが一般的です。テーブルマナーやビジネスマナーの「マナー」の多くはこれに当たります。

交際クラブで意識すべきマナーも、テーブルマナーや行儀お作法の部分でしょう。
男性とのデート時や、日常生活の中で意識すべき要の部分でもあります。
マナーの存在意義というのはつまり、自分と周りの人が心地よく生活するための、「心遣い」、「気遣い」なのです。
ですから、貴女が男性とのデートの時に意識しているマナーは、立派な心遣いやお気遣いなのです。
ただし、高級交際倶楽部に入会している男性に、うわべだけでの心遣いやお気遣いをしても、見透かされてしまうことでしょう。
クラブに入会している男性は、「ある程度のマナーがきちんとできる女性がいいな」とお話されています。
その言葉を噛み砕いてみると、「心遣いができる女性がいい」つまり「自分のことを想ってくれる女性と出会いたいな」という意味なのです。

最初はマナーなど、堅苦しくて嫌なもののイメージがあったかもしれませんが、相手を想うことが立派なマナーということに気づいていただけましたでしょうか。

男性は貴女の想いを受けた分だけ、愛情を返してくれます。
それはきっと貴女の想像以上のかたちで返ってくることでしょう。

マナーという名の愛情を、たくさん男性に注いであげて下さいね。

カテゴリー: マナー

礼儀・マナーを見直して素敵な女性になりましょう

高級交際倶楽部は、「初対面の男女が、お茶やお食事を楽しむこと」からはじまります。
交際倶楽部の男性は、女性が好みのタイプであるから、デートにお誘いされますが、2回目のデートには繋がらないというケースがあります。
その原因は、女性の礼儀やマナー面に問題があることが多いようです。

交際倶楽部のデートは、まずは挨拶から始まります。どのような状況であっても、「挨拶」が第一印象を決めるといっても過言ではありません。
ところが、緊張のせいか、まともに挨拶もできない女性がいらっしゃるようです。交際クラブに限ったことではないですが、普段から、好印象をもっていただけるような「挨拶」の仕方、またその重要性を女性には大切にしていただきたいのです。
「挨拶」だけで、悪い印象をもたれてしまうと、それを挽回するには多くの時間と労力が必要となってしまいます。せっかく別の魅力をもっていたとしても、それを男性に伝えることができないままデートが終わってしまっては、もったいないですよね。

また、高級交際倶楽部でのデートは、高級レストランでのお食事が付きものになります。ランチやディナーの時間帯でのデートは、「男性とお食事を楽しみながら、フィーリングを確かめ合う」という流れになることが多いので、食事をせずに向かった方が良いでしょう。
仮に食べ物を大量に残してしまうと、男性に気を遣わせてしまうこととなり、また、マナー違反にもなってしまいますので、注意が必要です。
もちろん、少食な女性もいますし、体型に気を付けて食事制限をしている方も少なくはないでしょう。
また、初対面の男性との食事に緊張してしまい、その時ばかりは食が細くなってしまうこともあるでしょう。
事実、心理学的にも、「女性は好意のある男性の前だと少食になる」と言われています。

しかし、食べ物を残すのは非常に印象が悪く、残すことに抵抗がない女性は、人としてのモラルを疑われてしまう恐れがあるので注意が必要です。
また、女性が注文したにも関わらず、料理やお酒を残してしまうのも印象が悪く、わがままに見えてしまうので気をつけましょう。

そして、高級交際倶楽部でのデートは、女性が普段行くことのできないような高級レストランでのラグジュアリーな空間、美しい料理の数々に目が輝いてしまうことも多々あります。しかし、それを「ネットに載せたい」、「友人に自慢したい」と思い、携帯のカメラで写真を撮るのも、マナー違反です。
シャッター音がうるさいのはもちろん、写真を撮るのに夢中な女性を待つ男性の立場を考えると絶対にしてはいけない行為です。
どうしても写真を撮りたい場合は、男性にお断りを入れ、1、2枚程度にしましょう。
そして、「いただきます」や「ごちそうさま」を言わないのもマナー違反です。
最低限のマナーですが、実はできていない方が多いのも事実。男性は意外と見ているものです。
食事の前に言いそびれたとしても、食後には必ず男性の目を見てお伝えしましょう。
交際倶楽部の男性はお目が高いVIPな男性ばかりです。外見は好みの女性でも、礼儀やマナーなど内面が伴っていない場合、男性はその女性に対して好意を持っては下さいません。
高級交際倶楽部でVIPな男性とのお付合いを望むのであれば、挨拶や食事の際のマナーなど、簡単なことから自分の振る舞いを見直して素敵な女性になる努力をしましょう。
そして年上の紳士的な男性とお付合いをすることで、女性自身も一層より輝くことでしょう。

カテゴリー: マナー