交際クラブ/デートクラブは東京最大[銀座クリスタル倶楽部]

銀座NO.1倶楽部

交際クラブでの男性との出会い方

出会いのある人には、出会いがたくさん訪れるのに、出会いのない人には全く訪れないという現実がございます。
それは一体なぜでしょう? 
いつの時代にも女性たちの間で囁かれてきた疑問です。
出会いをつくる方法は、人なつこく近づいて、すぐに親しくなって、もう一度会う可能性を探ればよいだけなのです。思えばそういう努力が交際クラブでの出会いをつくることを、きっとわかっていますよね。
しかし、それは意外と難しく、図々しく見えてもうまくいきませんし、馴れ馴れしくも見えないように配慮する必要はあるのです。
一方、そう心がけているうちに次への可能性がしぼんでいって、初対面が出会いにならずにそこで終わってしまう場合もあります。
更に根本的な課題として、かわいらしく人なつこくするにはどうすればよいのでしょう、その方法がわからない女性もいるのかも知れません。
そこで気づいていただきたいのは、人なつこいとは、人懐こいと書くことです。人なつかしいと書くこと。もちろん懐には、なつくや、慕うの意味もありますが、大人の人懐こさにはむしろ、なつかしむ心が求められるのではないでしょうか。つまり、昔から交際クラブの男性を知っているような気持ちで話をするのがカギなのです。昔から知っていると思うと、不思議に警戒心が生まれず、サッと心の扉が開くものです。そして更には出会いが運命的なものに思えてくるのです。
初対面で話が弾むと、「昔から知っていた方みたい」と思う気持ちが、本当に知っていると自分自身に暗示をかけるのです。
もちろん、会う人すべてに運命を感じることは難しいことです。でも、何かの縁があるのかもしれないと思うこと、それが出会いのコツなのです。何かの縁があると思うと無理に質問を用意しなくても、縁のありかを見たくなるもの、何かしら共通点を探したくなるもの、あるいはもっとデートクラブの男性のことを知りたくなるかもしれません。袖擦り合うも多生の縁ということわざは、まったくもってその通りです。ただ、袖が触れ合うような些細なことも、前世からの深い因縁によって起こるもの、という意味で、何だか懐かしいのです。
動物同士が会話なく、波動のようなものでお互い敵か味方かを見極めるように、人間同士もお互いの関係性を、会った瞬間見極めているようです。こちらの心を相手も読んでいるのです。だからこちらが懐かしいと思えば、相手も懐かしいと思うのですね。前世からの深い因縁を、思い出すとでも考えてみてください。
これは恋愛においてだけではありません。女性同士にだってそのまま当てはまる話です。性別の差なく、どんな立場の人をもあまねく懐かしみ、縁を感じる人が、必然的に高級デートクラブでの恋の出会いも増やしていくのではないでしょうか。 
デートクラブで初めて会った男性を懐かしむ女性になりましょう。初対面で、あ、懐かしいと思うことで心の扉がパッと開き、表情がパッと明るくなるのです。それが人との出会い方のスタートです。この広い世の中で一度でも言葉を交わすことになる方は、必ず縁のある人なのですから。

カテゴリー: マナー