交際クラブ/デートクラブは東京最大[銀座クリスタル倶楽部]

銀座NO.1倶楽部

ジェントルマンに学ぶ恋愛のマナーとは

レディファーストが自然とできる…重い荷物をさりげなく持ってくれる…そんな紳士的な男性を広く一般では、『ジェントルマン』とよんでいます。
もともと『ジェントルマン (Gentleman)』とは、イギリスの貴族を指す言葉で、事実上イギリスの支配階級であったそうです。
そうした家柄とともに身に付けた知性や教養、人格といった要素が“『ジェントルマン』の条件”とされたため、現在では「紳士的な」人物を表すようになったそうです。

高級交際クラブや高級デートクラブにご入会される男性も『ジェントルマン』な方々ばかりのように感じます。
『ジェントルマン』という言葉で、その他に思い浮かぶのは『英国紳士』かもしれませんね。
長い歴史の中で英国の紳士たちが目指してきた『ジェントルマン』は、冒頭のようなジェントルマン的な振る舞いというよりは、もっと大きな「理想の人間像」とされているようです。
イギリスでは枠にはまったルールや法律よりも、お互いの「コモン・センス(常識)」に従って決定を下すという風土が根付いており、『ジェントルマン』は、この意識をとても大事にしているようです。
また、「コモン・センス」とは、時代や国や文化圏を超えて、人々に共有されるような「常識」のことを指すので、日本でいう「常識」よりもっと幅広い意味合いを持っています。

交際クラブやデートクラブのように自由な恋愛を楽しむ場において、本能や感情のままに振る舞うような情熱的な恋愛ができるのは、とても素敵なことです。
時には、『ジェントルマン』という理想のもとに、恋人と一緒のときも、相手を不快な気分にさせないように自らの行動を考えて実行できる、そんな落ち着いた大人の恋愛も良いかもしれません。
『ジェントルマン』に学ぶ恋愛のマナーを、交際クラブやデートクラブで出会った女性に良い印象を与えるヒントにすると、心の距離も近づきやすくなることでしょう。

本物の『ジェントルマン』とは、トラブルが起きた時にこそ、その真偽を問われます。
例えば、女性とのデートで行ったレストランのスタッフの対応が悪かった時などはいかがでしょう。
本物の『ジェントルマン』であるか、そうではないかで、表に出てしまう顔に、変化があるのではないでしょうか。
交際クラブやデートクラブにご入会頂いていらっしゃるような、本物の『ジェントルマン』な男性は、「今ここで食事をする一番の目的は、一緒にいる相手と楽しいひとときを過ごすこと」と自覚しているので、お店のスタッフに多少の不満があっても、怒りを表に出してしまうことはないと伺います。
むしろ、「一時の感情だけの言動で、その場の雰囲気が気まずくなったり、相手への気配りや優しさに欠けた行動になってしまうくらいなら、自分が少し我慢する位のほうが余程いい」と考える方さえいらっしゃるようです。
女性は、交際クラブやデートクラブのような大人の社交場で出会った、仕事の成功で自信に満ちている男性の姿に見惚れるばかりでなく、その振る舞いを見て、気持ちの余裕と頼りがいを感じ、ときめきを覚えることでしょう。

交際クラブやデートクラブでの恋愛でも、いい結果に繋がりやすい本物のジェントルマン的な考え方は、あらゆる人間関係にも良い影響を与えていくのではないでしょうか。
是非、楽しいデートの時間をお過ごし頂く際の参考にして頂けましたら幸いです。

カテゴリー: マナー