交際クラブ/デートクラブは東京最大[銀座クリスタル倶楽部]

銀座NO.1倶楽部

完極の理想を言葉にしてくれる男性と出会いませんか。

たとえば、「僕が必ず幸せにする」とか、「一生好きでい続ける」とか、プロポーズに使われる言葉を、女性は一度聞いたら忘れないものです。
それを何度も心の中で引っ張り出し、そのたびに信じ直しては、生きる糧としたりするようです。まさに言葉をひとつのよりどころとして生きることができるのが女という性なのですね。
交際クラブの男性会員様は社会的ステータスがあり、精神的に余裕のある男性ばかりです。
そしてセレブな男性ほど、女性にとって言葉は、重たいものだとご存知のようです。
女性は言葉で好きとか愛していると言ってもらわないと気持ちが伝わらないと言い、平凡な男性は逆に言葉にすると安くなると言います。
今頃、そんな不器用なことを言っているのは、日本の男性だけかもしれません。
男性より女性の方が、言葉を大事にするのは間違いありませんね。
歌詞に生き方を教わったりするのは、やはり女性の方で、会話をどこかで生きる上での栄養素にもしています。
だから、「必ず幸せにする」と言われれば、今不幸でも、その言葉を希望にして生きられるほどなのですね。
「MASA、君は私にとってインスピレーションの泉であり、完極の理想だ」そういう言葉で妻となる白洲正子に交際を申し込んだのは白洲次郎です。
実際には英語で語られた言葉です。こんなことを言われたら、一生その言葉を糧に生きてもいいと思えますし、これ以上ないほどに手応えのある珠玉の告白ですよね。
知性と気概に溢れたデートクラブの男性が放った言葉なら、その言葉をデートクラブの女性は、自分の中の軸にして今後の人生を考えてみても良いのではありませんか。
偶然か必然か、「私のインスピレーションの源になってほしい」と言った人もいます。
デヴィ・スカルノにプロポーズした時のインドネシアのスカルノ元大統領です。
デヴィ夫人はその言葉を今も大切に心の中に住まわせ、それを誇りにしているとのことです。
彼女の気高さは、この言葉から生まれているものかもしれないですね。
インスピレーションの泉、インスピレーションの源、どちらも魂を揺り動かすほどの重みのある言葉です。このような言葉を交際クラブの男性からもらえるような女性でありたいものです。
そのような言葉を口に出せる余裕のある男性と高級交際クラブで出会いませんか。
一生ものの言葉をもらえれば、高級デートクラブの女性の運命は変わるかもしれません。

カテゴリー: マナー