交際クラブ/デートクラブは東京最大[銀座クリスタル倶楽部]

銀座NO.1倶楽部

好きな人の仕事が忙しいときの対処法

大人の恋愛において、たびたび立ちはだかる、こんな名台詞があります。
それが、「ごめんね。最近、仕事が忙しくて」といったもの。
お勤めの方ならご自身も口にしたことがあるのではないのでしょうか。
でも、「一口に『忙しい』なんて言っても、メールや電話のひとつやふたつできるのでは?」と思いがちなのが女心。
交際クラブでの出会いで、お付き合いしいている男性会員様からのお返事が来なくて、寂しい思いをしたことのある女性会員様も、なかにはいらっしゃるのではないのでしょうか。
ですが、安易な気持ちで電話をかけたり、返事がまだなのにLINEを追送してはいけません。
交際クラブに入会されている男性会員様は、会社経営者や医師など、その人にしかできないお仕事を抱えていらっしゃる方ばかりです。
VIPであるが故に多忙なご職業の方が多く、なかには1時間に100万円以上の利益を生み出している方もいらっしゃいます。
ですので、貴女が電話をしようと思ったその1分1秒が、男性会員様によっては貴重なビジネスタイムであるかもしれないのです。
しかし、どうしてもお返事が欲しいといった場合があると思います。
例えば、「次のデートの予定を決めたいのに、なかなかお返事が来ない」なんてことありませんか?
そういう時は、返事がしやすいように、シンプルなメッセージを送信するといいでしょう。
ですが、安直に「いつが良いですか?」と送ると、男性会員様も急かされたような気持ちになるので、「お仕事お忙しいと思うんですけど、今度のデートは○○さんの疲れが取れるような素敵なデートをしましょう。」など、男性が喜ぶような一文を添えると良いでしょう。

ですが、やはり「そっとしておいてあげる」というのが一番なようです。
好きな男性に構ってもらえないと、悲しい気持ちになってしまうのは仕方のないことですが、感情に任せて「仕事と私とどっちが大事なの?」などと言った日には、ただでさえお忙しい男性会員様を嫌な気持ちにさせてしまいますし、もう二度とお返事が返ってこなくなる可能性も多いに有り得ます。
「あくまでも、自分は彼に癒しを与える存在」だということを、忘れてはなりません。

男性会員様は、どんなに忙しくても決して貴女のことを忘れているわけではありません。
会えなくて寂しい思いをしているのは、貴女だけではないのです。
時として恋愛とは、ひたすら我慢するといった事が大切な場面が多々あります。
会えない時ほど、「私に会うために、今必死でお仕事を頑張っているんだな」と思って耐え忍ぶのもいい女の秘訣ですよ。