交際クラブ/デートクラブは東京最大[銀座クリスタル倶楽部]

銀座NO.1倶楽部

ほどよい気遣いで居心地よい交際クラブライフを

よりよいお付き合い、すなわち、お二人にとって居心地の良いお付き合いをするためには、どのような点を意識すると良いのでしょうか。

まず、居心地のよいお付き合いに欠かせないものは何か、ということから考えてみましょう。
そのポイントの一つとしては、必要以上に気を遣いすぎないことです。
交際クラブでめぐり合うお二人の多くは、一周りも二周りも年が上の男性と、社会に出て間もないようなお若い女性となることでしょう。
ですから、このような発言をしたら嫌われてしまうかも・・・ですとか、押したり引いたりの駆け引きというような、いわゆる同年代の一般的な恋愛に必要な気遣いをする必要はありません。
ですが、やはり交際クラブで出会うお二人特有の、必要以上に頑張りすぎてしまう気遣いというものがございます。
女性側に多いこととしては、男性がVIPな方であるが故に、大人っぽく振る舞おうと頑張りすぎてしまうことです。例えば、自分のキャパシティ以上に上品にとりつくろってしまったり、男性に見合うようにと、ゴージャスで華美すぎるファッションをしたり、背伸びして高級ブランド品で身を固めてみたりということです。
ちなみに、高級交際クラブに入会しているVIPな男性が、普段仕事の延長線上でお付き合いをする女性というのは、子供の頃からマナーやお作法を教え込まれたような女性です。また、 お洒落に関しても、おそらく高級品に身を包んでいることでしょう。
ですから、貴女がその場限りで男性に合わせていることは、もちろん男性は察しています。
つまり男性は、普段礼儀やマナーが整っている女性と接しているため、交際クラブでの出会いには、パーフェクトな女性像を求めていません。
むしろ、社交界慣れしていない、純粋でピュアな女性を求めています。
もちろんお相手の男性のご身分を意識してあわせようとすることは、とても素敵な気遣いです。でも、頑張りすぎて貴女らしさを失わないように、肩の力を抜いてくださいね。

また、男性側に多いこととしては、女性が自分よりも大分若いことを意識しすぎてしまい、過剰に謙虚になりすぎてしまうことです。
例えば、「僕なんかと付き合ってくれてありがとうね」ですとか、ダイレクトに「僕の年齢を気にしない?見た目は大丈夫かな?」などの発言をしてしまうことは、あまりよくないでしょう。一見謙虚で女性に気遣いをしている言葉のようにも聞こえますが、女性からしてみると、この男性は自信がないのかな・・・と思えてしまい、マイナスの印象を与えてしまうのです。
ありがとうと直接お伝えすることも、もちろん気遣いや思いやりの一つですので、ぜひ伝えてほしいのですが、もし女性に付き合ってくれる事への感謝をお伝えしたいのであれば、「一緒に居てくれてありがとう」、見た目などを確認したいのであれば、「どうやったらもっと若く見えるかな?」など、ポジティブにちょっと冗談交じりに聞いてみることをおすすめいたします。

お二人がより長く、幸せなお付き合いをしていくために、もちろん気遣いは必要不可欠です。
ですが、頑張りすぎてしまったり、自分を下げるような間違った気遣いをしないよう意識をしてみてくださいね。